ウィルウェイが燃料についてご紹介します。

化石燃料の使用が引き起こす公害・環境問題(酸性雨)

1940年代の北欧では、窒素肥料を施さずとも作物の育ちがよくなる現象が見られるようになった。当初は農家も「天の恵み」だと喜んでいたようだが、じきに湖や川から魚が姿を消し、千年雨に打たれても平気であった遺跡の石塀や、教会のブロンズ像などがボロボロになっていったという。

ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ